Menu

低カロリーで栄養価が高い

体重計

極端に制限するのは避ける

適正体重を維持するためには、摂取カロリーを抑える必要がありますが、食事を制限するダイエットを続けていると、筋肉が減少して代謝が落ちてしまったり、空腹感に耐えられずリバウンドをする可能性があります。無理なくダイエットをするためには、3食きちんと食事を摂ることが大事です。痩せたい人は朝食を抜く人が多いですが、便通が悪くなる原因になったり、昼食や夕食を食べすぎる原因になるので適量は食べることが大事です。食欲がない時でもグリーンスムージーや青汁だけでも摂取したほうが良いでしょう。ご飯や麺類、パンなどの炭水化物は大切なエネルギー減になっていますが、体内に入ると糖質に変化するため、適量を守って食べることが大事です。ダイエット中はケーキやクッキーなどのカロリーの高いお菓子類は控える必要がありますが、時々は甘味を摂取したい時もあります。ビタミンを豊富に含んでいる果物を少量だけ食べたり、寒天やゼリーなどはカロリーも低いのでお勧めしたいです。糖尿病などの持病がある人は血糖値の上昇を抑えるために、糖質制限のダイエットをしている人が多いですが、健康な人は長期間は続けないほうが良いでしょう。緑黄色野菜や大豆食品、魚介類などを使った食事は、栄養バランスもよく低カロリーなので、ダイエット中の人にお勧めしたいです。食事を極端に制限するダイエットをしたり、同じ食品を食べ続けるのは避けたほうが良いでしょう。調理をする時はサラダ油やバターよりも、ヘルシーなごま油やオリーブオイルがお勧めです。