Menu

健康と美容を維持して減量

食事

炭水化物を制限する

痩せるためには健康を損なうような方法を選んではいけず、健康と美容を維持した上でダイエットをする必要があります。そもそもダイエットとは無理な減量を指すのではなく、計画的・健康的に痩せて健康を増進するのが目的です。生活習慣病を予防する目的もあるので、不健康を促進するような方法は避けてください。昔も今もダイエットの基本となるのは食事制限に変わりなく、特に炭水化物を制限する方法が口コミで人気です。炭水化物とは糖質のことであり、簡単に言えばご飯や麺類・パンなどの主食全般を指しています。大量のご飯があればおかずは少々でいいという方がいますが、非常に太りやすくなるので注意です。昔は食事制限と言えば脂肪分を抑えることが重要とされていましたが、現在は炭水化物を減らすダイエットの評判が高いです。血糖値の急上昇を抑えられるメリットもあるので、糖尿病対策としてもおすすめします。食事制限で注意したいのは全体的な栄養バランスを崩さないことです。炭水化物ダイエットは炭水化物の摂取をゼロにするわけではありません。適正な摂取量まで抑えるのが正しい方法なので、過酷な食事制限は避ける必要があります。一般的によく行われている方法には夕食の炭水化物抜きがあり、夕食を減らすことで胃腸の負担を軽減するメリットが期待できます。運動は無理のない範囲で実践するのが好ましいですが、体に鞭打ってする必要はないです。1日15分だけウォーキングをするといった簡単な内容でも問題ありません。運動するタイミングは食後より食前がおすすめです。